表紙 > 入会のご案内

入会のご案内

本健康科学学会は,健康を科学的に捉えるとともに,活動経験・研究・教育の情報交換などを通じて,様々な異なる専門分野の間のコミュニケーションを活発に行うことを目的とした学際的な学術団体です。日本学術会議の協力学術研究団体(第2部生命科学部門)に登録されています。

健康にご興味をお持ちの方は,是非ご入会下さいますようご案内申し上げます。
上に戻る

(参考)日本学術会議とは

本学術会議は,我が国の人文・社会科学,自然科学全分野の科学者の意見をまとめ,国内外に対して発信する日本の代表機関です。科学が文化国家の基礎であるという確信の下,行政,産業及び国民生活に科学を反映,浸透させることを目的として,昭和24年(1949年)1月に内閣総理大臣の所轄の下に「特別の機関」として設立されました。
日本学術会議は,我が国の人文・社会科学,自然科学の全分野の約82万人の科学者を内外に代表する機関であり,210人の会員により組織されています。約1,430の協力学術研究団体が,日本学術会議の活動周知と各分野の学術協力研究団体との密接な連絡協力関係の維持強化,広報活動に協力しています。 。

日本学術会議の活動は,
  1. 科学に関する重要事項を審議し,その実現を図ること
  2. 科学に関する研究の連絡を図り,その能率を向上させること
を職務としています。
また,政府からの諮問に応じて答申し,または進んで政府に対して勧告する権限をもっています。さらに,国際的な活動として,国際学術団体への加入,世界各地で開催される学術上重要な国際会議への代表派遣,二国間の学術交流のための代表団の派遣及び我が国において開催される重要な学術関係国際会議の共同主催,後援などを行っています。

日本健康科学学会イメージ写真国内活動 ,
  1. 科学のあり方についての審議
    政府からの諮問に応じ,科学に関する研究・研究費のあり方等について審議し,答申しています。また,科学の振興や技術の発達,科学に関する研究成果の活用のための方策を行政に反映させています。さらに,科学を産業および国民生活に浸透させるための方策についても審議して,その結果を政府に勧告し,申入れなどを行っています。
  2. 研究の連絡活動
    常置,臨時委員会を設け,関係する学術研究領域や重要課題について,学術の動向を把握し,将来計画の立案及び研究条件の整備などについて検討しています。また,これらに関係する研究機関,及び学会や協会との連絡調整を行っています。
  3. 学会・協会との結びつき
    学・協会のうち一定の要件を満たすものを「日本学術会議協力学術研究団体」に指定して,これらの学・協会との連絡活動の強化に努めています。
  4. 公開講演会・ シンポジウム等の開催
    学術の成果を国民に還元するための活動として,公開講演会を主催・開催しています。その他,各委員会等が中心となり、,学・協会との連携して,各種の学術上の問題をとらえたシンポジウムなどを積極的に開催しています。
    活動の広報
    ホームページにて勧告・要望等の総会決定事項の最新情報等を公開しています。また,日本学術会議の活動の詳細を掲載した月刊誌「学術の動向」が発行されています。


日本健康科学学会イメージ写真国際活動
  1. 国際学術団体との連携国際学術団体との連携
  2. 国際会議の主催 後援
  3. 代表派遣
  4. 二国間学術交流事業
  5. アジア学術会議
  6. 国際学術協力事業

上に戻る

活動

1回の学術大会および会員総会の開催,シンポジウム,講演会の開催,分科会の開催,学会誌『Health Sciences』の発行(年4回),各種の委員会活動優秀研究発表・論文の表彰制度,健康科学に関する研究の研究助成,各種の委員会活動を行っています。学術大会,シンポジウム,講演会,分科会,学会誌『Health Sciences』では,健康に関する多くの成果が発表されています。
上に戻る

入会申込と対象者

康にご興味のある方なら入会申込ができます。

     対象者としては,例えば,
  • 医療関係者(医師,歯科医師,保健師,看護師,助産師,救急救命士,薬剤師,(管理)栄養士,臨床栄養師,アドバイザリースタッフ(食品保健指導士等),調理師,臨床検査技師,衛生検査技師,診療放射線技師,診療情報管理士,医療情報技師,はり師,きゅう師,柔道整復師,理学療法士,作業療法士,視能訓練士,言語聴覚士,歯科衛生士,歯科技工士,義肢装具士,精神保健福祉士,メディカルソーシャルワーカー,臨床心理士,医療事務職員等)
  • 社会福祉関係者(社会福祉士,介護福祉士,介護支援専門員(ケア・マネージャー),ホームヘルパー,各種相談員など),保健・健康行政関係者,学校保健・産業保健・環境保健などに関連する方
  • スポーツ関係者(アスリート,トレーナー,コーチングスタッフ,スポーツ競技団体関係者,スポーツメディカルスタッフ,スポーツクラブ関係者など)
  • 健康科学,運動生理学,生命科学,人文社会学,理工学などの分野の方々
  • 保母,幼稚園・小学校・中学校・高等学校教諭,大学・短期大学・専修学校・専門学校教職員
  • 健康・医療・福祉関連産業・その他の産業に従事する企業・団体・個人
上に戻る

会員の種別

  •   員: 個人,法人又は団体
  • 賛助会員: 個人,法人又は団体
  • 学術大会時会員: この学会の目的に賛同し、当該年度の学術大会において一般演題共 同演者として申し出た,この学会の対象とする領域またはそれと関連ある領域におい て専門の学識または経験を有する個人(詳細は、「会則第23条(学術大会時会員)」 を参照)
上に戻る

会員の特典

上に戻る

入会手続き・入会金・年会費・問い合せ

学会の会員は,「正会員(個人)」,「賛助会員(個人、法人又は団体)」,「学術大会時会員」です。

(注意)学術大会時会員について(詳細は、「会則第23条(学術大会時会員)」を参照)
  ・学術大会時会員は次の1),2)の特典を有しない。
      1)学会機関誌への投稿
      2)学会機関誌の配布
  ・当該年度の学術大会終了時に、学術大会時会員の資格を喪失する。

入会申込要項
  1. 入会を希望される方は,「正会員入会申込書」,「賛助会員入会申込書」または「学術大会時会員入会申込書」をダウンロード頂くか,または学会事務局にご請求下さい。
    入会申込書
    (正会員)
    入会申込書
    (学術大会時会員)
    入会申込書
    (賛助会員)
    Get Adobe Reader *ダウンロードする場合には,Adobe社のAcrobatReaderが必要です
  2. 入会申込書の各項をご記入(該当に○印)の上,下記学会事務局宛に郵便にてお送り下さい
  3. 学会事務局で「入会申込書」を受領し,理事会の承認を受け,入会金及び年会費のご納入を確認した後に「入会通知書」をお送りします。
    なお,理事会において入会の承認が得られない場合は入会ができません。また,それに関するお問い合わせにはお答えできませんのでご了承下さい。
  4. 入会金・年会費・送金先
    会員種別
     入会金  年会費
    正 会 員
    1,000円
    9,000円
    賛助会員
    10,000円
    100,000円
    (1口以上)
    学術大会時会員
    な   し
    3,000円
    送金先:
    (郵便局) 00110-4-188589 日本健康科学学会
    (銀 行) 三菱東京UFJ銀行 四谷支店 (普通)0056596 日本健康科学学会

合せは
メール・問合せフォームでも可能です。

上に戻る