表紙 > 日本健康科学学会 > 活動状況

事業の目的と沿革

康はいつの社会でも人間生活の中で重要なキーワードです。しかし,健康の概念は時代とともに変わってきました。疾病があっても,満足して社会生活が送れれば健康であるという考えも現れてきています。今日では,疾病の対立概念としての健康から,積極的な健康への取り組みへの転換が求められているといえます。このような健康の概念の変化は,健康に関する学問の領域の拡大を必要としてきました。しかし一方では,健康があまりにも広い概念であるために、従来の学問領域では捉えることが困難となっています。

本健康科学学会は,このような学問領域の拡大と健康の概念の変化に対応するために,1985年に設立されました。その後15年間,学会は業績を積み重ね 1999年(平成11年)には,信川益明会長の尽力により,日本学術会議登録学術研究団体(第18期,第7部予防医学研究連絡委員会)に登録されました。2002 年には引き続き同登録学術研究団体(第19期),2005年10月には,「日本学術会議協力学術研究団体」(日本学術会議法の改正に伴い、公的で対等な協働関係として発展)として,日本学術会議と共に科学者に期待される社 会的責任を果たしていくという役割を担い,今日に至っています。」

学会は,健康に関する広い分野の専門領域の方々や,現場において住民の健康を支えている関係者などの健康に興味を持っている方々に,学術大会への参加並びに活動報告,学会誌への論文発表を行って頂き,健康に様々な角度からアプローチしてもらうことによって,健康を科学的に捉えるとともに,貴重な活動経験・研究・教育の情報交換などを通じて,様々な異なる専門分野の間のコミュニケーションを活発に行うことを目的としています。
上に戻る

入会資格と対象者

康にご興味のある方ならどなたでも入会申込ができます。
職種,職位,専門分野,学歴を問いません。

>> 入会のご案内

入会資格と対象者としては,例えば,
  • 医療関係者(医師,歯科医師,保健師,看護師,助産師,(管理)栄養士,食品保健指導士,調理師,薬剤師,臨床検査技師,衛生検査技師,診療放射線技師,診療情報管理士,はり師,きゅう師,柔道整復師,理学療法士,作業療法士,視能訓練士,言語聴覚士,歯科衛生士,歯科技工士,救急救命士,義肢装具士,精神保健福祉士,メディカルソーシャルワーカー,臨床心理士,医療事務職員など)
  • 社会福祉関係者(社会福祉士,介護福祉士,介護支援専門員(ケア・マネージャー),ホームヘルパー,各種相談員など),保健・健康行政関係者
  • 体育学,運動生理学,人文社会学,理工学などの分野の方々
  • 保母,幼稚園・小学校・中学校・高等学校教諭,大学・短期大学教職員
  • 学校保健・産業保健・環境保健などに関連する方々
  • 健康関連産業・医療関連産業・福祉関連産業などに従事する企業・団体・個人
  • 学生(大学院生,大学生,短期大学生,専修学校生,専門学校生)
上に戻る

事業内容

  • 学術大会の開催(年1回,学術研究発表)
  • 学会誌「Health Sciences」の刊行(年4回)
  • 分科会,シンポジウム,講演会の開催
  • セミナーの開催
  • 研究助成
  • 書籍の出版,会員名簿の発行
  • その他関連事業
上に戻る

学術大会

上に戻る

学会誌・書籍

上に戻る

分科会

上に戻る

シンポジウム・講演会

上に戻る

支部大会

  • 関西支部第1回大会 (2001.12.8 京都テレサ)
  • 関西支部第2回大会 (2002.12.7 キャンパスプラザ京都)
  • 関西支部第3回大会(2003)
  • 関西支部第4回大会(2004.11.27)
  • 関西支部第5回大会(2005.11.26 たかつガーデン)
上に戻る

表彰制度・研究助成

上に戻る

会員数

709名
  • 正会員  610名
  • 学生会員  39名
  • 賛助会員  6社
  • 購読会員  31件
  • 寄贈会員  23件
  • 名誉会員  1名
(2007年5月現在)
上に戻る